高速スタートアップを無効にする方法

高速スタートアップを無効にする方法

高速スタートアップが有効になっていると、Windowsを高速で起動するために、シャットダウン時にメモリやCPUなどの状態を保存します。パソコンの起動は少し速くなりますが終了が少し遅くなります。

高速スタートアップは Windows Update の更新プログラムがうまく適用されない、 インターネットが突然繋がらなくなる等のデメリットがあるようなので無効にします。

方法
スタート→設定→システム→電源とスリープ→電源の追加設定→電源ボタンの動作を選択する→現在利用可能でない設定を変更します→「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します→「変更の保存」をクリックします。

スタート設定 をクリックして、Windows の設定を開きます。

Windows の設定で、検索ボックスに電源と入力→電源とスリープの設定をクリックします。

電源の追加設定をクリックします。

電源ボタンの動作を選択するをクリックします。

現在利用可能ではない設定を変更します高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックをはずす→変更の保存をクリックします。

>講習内容のページに戻る