スマホで撮った写真をWindows の「フォト」を利用してパソコンに取り込みましょう!

写真編集メニューの道具にあるペイントで、ブラシのサイズ、色等を選択して、描きこむことができます。 写真編集→道具→ペイント カラーは真ん中のドット柄を選択して、フレームのように塗りました。

写真編集メニューの道具にある散布で、ブラシの形、サイズ、色を選択して散らすことができます。 写真編集→道具→散布 白い花びらを散らしました。

写真編集メニューの道具にある描画で、ブラシのサイズ、形、色等を選択して描きこむことができます。 写真編集→道具→描画 ミツバチの後ろに白い線を描きました。

写真編集メニューの道具にあるスポット修復ブラシで、ひまわりの花の前を飛んでいるミツバチが花びらに変わります。 写真編集→道具→スポット修復ブラシ ブラシのサイズを15にして、ミツバチの上を何度かクリックすると、ミツバチが花びらに変わりました。 操作を戻したいとき  ウインドウ右下「取り消し」をクリック・・・前の操作が取り消されます「復帰」をクリック・・・すべての操作が取り消されます※違う色が出たと ...

編集ツールにある「変形」の画像処理を使ってみました。 小さな惑星 文字マスク ストレッチ はさみ 魚眼レンズ 反射 遠近 マージン・丸みのある角 オフセット フレームライン

編集ツールにある「効果」の画像処理を使ってみました。 境界値 変位 輪郭線 エンボス 水彩 色鉛筆化 ポスタリゼーション セロファン カラーハーフトーン ディザ 点描 ブラシストローク モザイク 万華鏡 三角形 クリスタル すりガラス ステンドグラス ガラススタイル ミラージュ ぼかし(移動) ぼかし(ズーム) ぼかし(放射状) 渦巻き 波型 水中

編集ツールにある無彩色・セピア・バンディクート・黒白・ネガで画像を処理してみました。 無彩色 セピア バンディクート 黒白 ネガ

編集ツールにあるマジックカラー・ブルーム・HDRで画像を処理してみました。 元の写真 マジックカラー ブルーム明るい部分が滲んで柔らかい雰囲気になりました。 HDRハイダイナミックレンジ加工 ブルームで加工しました。 → 

編集したい写真の表示方法はこちらです。 写真編集メニューの編集ツールのミニチュアを使います。 編集→ミニチュア→ハンドルをドラッグして範囲を選択→強度・コントラストを指定→適用をクリックします。 適用する前に、元の写真と比べる方法 比較をクリックしたまま・・・元の写真クリックを離すと・・・編集後の写真が表示されます。 元の写真 ミツバチにピントを合わせてまわりをぼかしました 編集した写真の保存方法 ...

 →  PhotoScape X のダウンロードから写真の表示方法はこちらです。 写真の切り取り(トリミング) 写真編集メニューの編集ツールの切り抜きを使います。  編集→切り抜きをクリック 切り抜きの形を選択→写真の上でドラッグ・ハンドルをドラッグして範囲を指定→切り抜きをクリックします。 切り抜きの形は「四角」になっています。「遠近法の切り抜き」、「円形切り抜き」に変えられます。 大きさは「自 ...

写真編集メニューの編集ツールのサイズ変更を使います。 編集→サイズ変更→サイズを指定→適用をクリックします。 >編集する写真の表示方法はこちらです。 >PhotoScape X の使い方一覧へ

写真編集メニューの編集ツールの角度補正を使います。 編集→角度補正→写真をドラッグして角度補正→適用をクリックします。

Microsoft Store で PhotoScape X をダウンロード Microsoft Store を起動→検索ボックスに「PhotoScape X」と入力→ダウンロード PhotoScape X を始めて起動した時に表示される画面 編集方法を動画で見ることができます。 メニューバー左端のボタンで表示される画面です。 写真編集の画面 メニューバーの写真編集をクリックします。 編集する写真 ...

1.デジカメ写真をウインドウズの機能を使ってパソコンに取り込みました2.CDや外付けハードディスクにバックアップを取りました デジカメ写真はパソコンに取り込むと、メールで送ったり、絵はがき、便箋、ホームページの素材に使ったりと、楽しめます。写真の管理も楽ですね。デジカメ写真は必ずバックアップを取りましょう。パソコンはいつ壊れるか分かりません。折角撮った写真が無くなってしまったら悲しいですものね。